青山 - 株式会社青山石工房

青山の想い

青山の想いは人の心、大島に対する想い、石に対する想い、先祖に対する想い、そして、人に対する想いが仕事に打ち込む力となっています。

  • 会長の想い
  • 社長の想い
  • 社員の想い

人間(じんかん)至る処 青山あり

代表取締役会長 小田浩成 代表取締役会長 小田浩成

代表取締役会長
小田 浩成

「人は人の間に存在することで人となる。世の中にはどこで死んだとしても骨を埋める場所はある」人間至る処青山ありーことわざの通り、「青山」とは、墳墓の地、骨を埋める土地のことです。
人は人の間で生きてこそ大きく成長する。それは、人間誰しも必ず生きて生かされる場所があると言うことです。そして人間だけでなくモノにも、たとえ石ころにも死ぬ場所はある、つまり生きる場所があるのです。石の仕事に就いて、墓は絶望ではなく、生きる希望だと思うようになりました。
「大島石」は、本当に捨てるところがありません。また、石の仕事は、永遠に残る仕事です。だから恥ずかしいことはできないんです。常に心を込めて全力で取り組みます。大島の自然が創りだした、良質な花崗岩だからこその生かし方を考え、墓石だけでなく工芸品としても加工しております。
そしてなんといっても、美しさ堅牢さ、粒子の細かさ・品質は、輸入物とは別格。建立後の墓は、なんとも言えない青みを漂わせ、青磁の肌を感じさせる気品、風格は、「大島石」ならではです。

お客様の歴史を思い、線を引く

家族の数だけ歴史や思い出があるように、お墓にいろんな形があって自然だと思ってます。だから決まった形はなく、ご相談を受けてからお話をうかがって、図面を引きます。 細部まで納得いただいた上で、墓石を加工、施行するーその全ての過程を私たち自身の手で誠心誠意行なっています。
(ご遺族の想いが形になります。お墓を建てる)

青山・心のフェア

墓石を扱う仕事ですから、たくさんのご家族の想いや先人を敬う心に触れてきました。仕事を通じ、気づいたこと、気づかされたことがたくさんあります。私自身、昭和62年に胃ガン、平成17年に肝臓ガンといった大病を患いましたが、もうダメだと思うと悪化してくる病も、これが現実だと受け入れた時から、病に向き合うことができ、前向きに治療することができました。それでも、口に出せない、泣くに泣けない思い、寂しさもありました。その時、「まだまだ」と言われているような力をもらい、多くの人に支えられ、はげまされ、今、こうして生きているありがたみを感じています。
そんな自分の体験を通じて、これまでに出会った方々への恩返しとして「青山・心のフェア」は始まりました。フェアでは、毎回多方面でご活躍の講師の方をお招きし、"心"や"生きること"をテーマにご講演いただくほか、地元伝統芸能等の競演も行います。地元大島内はもちろん、県内外から大勢の方に来場いただいております。気づいたことを伝えたい、話したい、自分ももっと聞きたい。その気持ちがある限り続いていくでしょう。少しでも多くの方に何か得るものがあればと思います。その想いを聞かせていただき、私達はまた、それを仕事に反映していかなければならない。その繰り返しだと思っています。

この仕事を受け継ぐ心構え

代表取締役社長 小田治彦

代表取締役社長
小田 治彦

石屋の子供に生まれたということもあり、小さい頃から他の職業に就くことを考えたことがありませんでした。
私が生まれた時には、「男の子が生まれた」と祖父が涙を流して喜び、今治城築城の際、石積みをした伝えられる名工 小田治衛門の治の文字をいただき、「治彦」と名付けられたと幼い頃から聞いていて子供ながらに、この仕事を受け継ぐことを考えてきました。

心に残るエピソード

ミャンマーにて不慮の事故を遂げたジャーナリストの長井健司さんのお墓の話をうかがった時のことです。
長井さんは強い使命感を持ち、多くの真実を伝えたり、難病の子供たちのために薬を届けたりした功績を知りました。
石材店として、地元出身の先輩の偉業を後世に伝えなければという思いで一生懸命お手伝いさせていただきました。
完成後、ご家族に喜んでいただいたことが大変うれしく、心に残っています。

これからの夢

仕事を通じて、いろんな方々にご支援・ご協力をいただいていると感じて今の自分があると思っております。 現在、会長の意思に基づき「心のフェア」を開催しておりますが、将来は、自分も少しでも人の役に立てるようになりたいと思います。

小田真大
小田 真大(本社)平成12年9月1日入社

この仕事に就いて良かったことは、お客様に喜んでいただけることにつきます。
以前お客様から建墓後にお礼のお手紙をいただきました。その中には、亡くなったお母様への思いや、お墓が建った事への喜びなどが書かれていました。
その時に我々石材店にとっては、たくさん建ててきたお墓のひとつであっても、お客様にとっては、たったひとつの大切なお墓だという事をあらためて考えさせられました。

御堂 由喜子(本社)平成14年6月24日入社

本社吉海町のギャラリーで接客を担当しています。
全国各地から来られるお客様とのコミュニケーションを楽しみにしています。
珍しい石や、可愛らしい置物等 目を楽しませてくれる品をたくさん揃えて いますので 是非、ご来店下さい。

大御堂由喜子
小田美智子
小田 美智子(本社・今治店)平成9年入社

地元出身なので、大島石は子供の頃から身近にあるものでした。この会社に勤めることで、大島石について色々学ぶことができました。
本社の今昔ギャラリーでは、しまなみ海道の開通もあり、たくさん観光のお客様がいらっしゃいます。来られる方々にとっては、石を使った建物や石彫品・石の小物などが珍しく、とても感心されて帰られます。また、今治展示場では、様々な石種やデザインの墓石を展示しており、ひとり一人の想いを大切にしたお墓づくりを心がけ、お客様のお話をもとに、アドバイスやご提案のお手伝いをさせていただいております。
大島石をもっともっと知っていただき、石を通じてたくさんの方に出会えることを大切に思い、「このお店に来て良かった」と喜んでいただけるようにこれからも取り組んでいきたいと思います。

村上 龍星(今治店営業)平成22年6月22日入社

入社して、約2ヶ月は、現場での仕事をして、8/17から今治店で営業をすることになりました。
入社したばかりで、不安な事やまだまだ勉強しないといけない事がたくさんありますが、お墓ができた時にお客様に喜んでいただけるよう、お一人お一人の立場になって考え、サポートさせていただきたいと思います。
一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

村上 龍星
大澤 絵里香
大澤 絵里香(今治店)平成23年10月5日入社

図面を書かせて頂いています。
お墓を建立するにあたり、大切な人へのメッセージ、願いなどたくさんの「想い」の形であることを知りました。
そしてそれは、50年100年と残っていくので、とても感慨深く思います。
お客様の想いをしっかり感じながら、デザインのお手伝いをしていきたいです。